占いに来るということはどういうことか

占いに来るということはどういうことか。これも時々、相談者の方に私からよく話すことです。

具体的な相談内容をお持ちの相談者の方は、なんとか問題解決をしたいという意思を持って私のところにいらっしゃいます。私はその意思を高く尊重します。

占われること自体は、相談者にとって受動的な行為かもしれません。しかし、占いに来ることは自発的な行為です。何より、どんな占い結果が出ても、占い師は、相談者に対してその答えを伝えることができても、その答えを実践するのは相談者自らに他ならないからです。

もし、相談者が答えを知っていて、さらにその答えが悪い結果で、その悪い結果になることを回避する方法を知っていた場合、相談者がその方法をとらないことが許されるのでしょうか。占いの結果を実践するか、それはあくまで相談者の自由です。ただ、知ってしまった以上、行動をとらなくて悪い結果が生じた場合、相談者のそれに対する罪の意識は高まります。

知っていて放置していたのか、と。もし知らなければ、そのような罪の意識を持つことがなくなります。ですから、私は、相談者は積極的に問題解決していただける方であると信じております。

このページを読んだら、感想をポチッとお願いします!押していただいても押した事実以外一切記録に残りません。
  • いいね! 
  • まあまあ 
  • イマイチ 
  • 誤字がある