アストルティアの闇 相方問題

アストルティアの闇一覧に戻る。

私が占い師を始めて、一番理解できなかった言葉は「相方」でした。このネットゲーム特有の言葉をどうとらえるかに四苦八苦していました。一般社会でも相方という言葉は使われますが、一般社会での相方は、お笑いコンビの片割れを相方と言うなど、基本的には2人の仕事仲間で自分以外の人間を指す言葉として使われます。

そしてアルトルティアの世界での「相方」は、一番一緒にいる時間の長い特定の一のフレンドを指すことが多く、しかも「異性」キャラであることが多いです。これはアストルティアの世界だけではなく、ネットスラングとしてゲーム上の「恋人」を指す言葉となっています。

さて、一般社会の相方はお笑いコンビの片割れを指すと先ほど書きましたが、お笑いコンビの片割れは基本的に同性がほとんどです。しかし、「相方」は異性がほとんどです。これが私の違和感が生まれた理由です。この「相方」というのは、アストルティアの人間関係の中で最も悩み多き闇となっている関係です。

私が難しく考えすぎているだけなのかもしれません。しかし、実際にいろいろな相方に関する相談を受けていて感じていることです。

人間関係の問題の多くは、人間相互間の意識の違いから生じます。Aさんはよかれと思ってやったことがBさんにとって苦痛になっているというのが、人間関係の悩みの発端です。AさんがBさんと他の冒険者とプレイしているときに、Bさんのプレイを邪魔しないように、Aさんが距離を置いたとしましょう。BさんはAさんが距離を取ったと思って、昔より雑に扱われていると感じて「最近、Aさんに雑に扱われている気がするんです。」と、私のところに相談に来る。ばかばかしい話かもしれませんが、これが人間関係の相談のほとんどです。

冒頭に私の相方観について書きましたが、「相方」は、世の中全員がその2人の関係について統一的な認識できるような普遍的な言葉ではありません。

なぜ、「相方」は、定義されないのでしょうか。それは、「相方」というのは意識的に人間相互間の意識の違いを利用し築き上げた関係であるからです。

異性に対して「付き合ってください。」「恋人になってください。」と言うには勇気が必要です。しかし、「相方になってください」というのは非常に言いやすいです。私からすれば「付き合ってください」と言っているのと変わらないと思うのですが、どうやらそうでもないようです。

ここからは男女の意識の差について言及します。ここからの話の男女というのは、ゲームキャラの性別についてではなくて、動かしている人の性別の話です。

「相方」という言葉は、性別によって受け止め方が違います。全部が全部そうだというわけではありませんが、傾向として書いていきます。

まず、女性ですが、女性は「相方」という言葉を軽いイメージで受け止めている傾向にあります。つまり、フレンドの中で一緒に冒険するパートナーという認識です。恋人とか意中の人とかそういう意識は希薄です。

一方男性はどうでしょうか。男性は「相方」を「(ゲームの中の)恋人」ととらえている人が多いです。

この男女の意識の差は、2人の関係が出発するために有効に働きます。女性は男性に比べて警戒心が強く、見知らぬ人への急激な関係の変化を望んでいません。一方で男性は、見知らぬ女性への警戒心はなく、自分が良いとおもった女性に対して関係をつくることに抵抗がありません。

一方で、男性も女性も思いの強さに差があるにせよ、心の奥底で常に異性のパートナーを求めています。

アストルティアで異性のパートナーを作るに当たって、「相方」という言葉の男女間で意識の差は好都合です。女性は「相方」になることに対して抵抗が低く、男性は、「相方」に欲求を乗せることができます。

こうして、アストルティアの世界ではたくさんの相方が作られていきます。

いきなり「相方問題」と私が書いています。勘違いしてほしくないのですが、私は「相方」を作るなとか、「相方」になるなとか、「相方」という関係を否定したいわけではありません。むしろ、「相方」を通してたくさんの冒険者がつながり一緒にアストルティアの世界を楽しめることは良いことだと思います。事実、多くの「相方」が楽しく冒険をしていると思います。私のところに相方の問題として占いに来るのはそのうちの一部に過ぎません。

ごく一部が問題だからといって、すべてが否定されることはありません。私がこの相方問題を長く書いているのは、私のところに来る相談者の多くが相方問題の相談に来るからです。単純に件数が多いからという理由もありますが、その内容も複雑かつ多彩で明確な解が見つからない問題です。ですから、どうしても分量が多くなりがちです。

さて、「相方」というのは男女間の意識の差を利用してできている関係であることを書きました。「相方」という関係になった以上、そのことを認識してほしいのです。そして、この意識の差を埋め合わせていかないと、この意識の差がそのまま人間関係の問題として発展することになります。

人間関係の問題の多くは、人間相互間の意識の違いから生じると書きました。つまり、「相方」は、この人間相互間の意識の差を利用した関係である以上、その関係ができた時から人間関係の問題を内在していることになります。

そして、それがいつか爆発する時が来ます。同一の意識で付き合うことに合意した実世界の恋人同士でさえ、男女間の考え方の違いで多くの男女問題を抱えているのに、初めから意識が違う異性同士の関係がそれよりも多くの問題を抱えるのは当然のことだといえます。

長々「相方」について書いていきましたが、ここからは実際に起こった問題について書いて行きたいと思います。

相方関係の問題としては、主に以下の3つです。

1「相方がぞんざいに私を扱ってくる」
2「相方の拘束が厳しい」
3「相方がリアルに会いたいと言ってくる」

3つとも問題の原因は同じです。相方とどう付き合えばいいのかが整理されていないということです。もっと厳しい言い方をすれば、2人にとって「相方」とは何なのか、一致した見解がないことが原因です。

ここからは相談者Aさんが女性であることを前提に具体的に書きます。つまり、相方Bさんは男性となります。

1の「相方がぞんざいに私を扱ってくる」については、相方というのは異性間の強固な関係だと認識している男性に起こりがちな問題です。Bさんは、Aさんが相方という関係である以上は、多少ぞんざいに扱ってもAさんをキープできるという考えです。しかし、Aさんにとって相方のBさんというのは、異性フレンドの第一順位であって、唯一絶対のものではありません。ぞんざいに扱えば、当然その気持ちが冷めていくことも、場合によっては他の人に向くこともありえます。

2の「相方の拘束が厳しい」については、1と逆の現象ですが原因は1と全く同じです。こちらは相方の男性Bさんの方が恋人のような行為を求める例です。二人っきりで一緒にベタベタすることを求めたり、他の異性とのパーティーを組むことを心よしとしないというパターンです。

これも、相方というのは恋人関係だとBさんが認識している場合に起こりがちな問題です。リアル社会の恋人同様の行為を求めてくるのです。しかし、繰り返しになりますが、相方というのは必ずしも恋人ではありません。一緒に冒険することをよしとしても、意味もなく二人きりのチャットをしたり、Aさんが他のプレイヤーとの冒険することを邪魔する存在ではないはずです。こちらについては、男性、女性が逆のパターンも存在します。女性が恋人プレイを求め、男性がそこまで求めていないパターンもかなりあります。

3の「相方がリアルに会いたいと言ってくる」については、2がさらに発展したもので、ゲームの中での関係でとどめておきたい女性Aさんと、もっと先まで行きたいという男性Bさんの関係がよくあるパターンです。

すでに書いているので繰り返しになりますが、相方が会いたいと言っているが会うべきかどうか悩んでいる女性の相談が多いです。この相談をする女性は、見ず知らずの男性に会うことがいかに危険かわかっていない方が多いので心配しています。会うか、会わないかを占いで決めるのはかなり危険と私は考えています。

私は、Aさんが会う相手のことをどのくらい把握できているか確認します。何も知らない相手と会うことは危険です。もし会うのであれば、1対1を避け、リアル社会でお互いがどんなことをしている人かわかっている状態で会うべきです。できれば会う前に写真は交換した方が良いです。会うならば写真くらい交換できるでしょう。いきなり「会う」というのは危険です。

これは3つの問題は、実は相方でなくて恋人であってもある男女の意識の差です。これを埋めるにはお互い話し合うのが一番良いわけですが、多くの女性は話し合いがけんかになることを避けるために、お互い話し合わずに私のところにきます。やはり女性は本能的に男性とけんかしたくないのです。結局のところ男女の問題は2人の問題なので、2人で話し合うことでしか解決しません。私は、男性と女性の考え方の違いについて話をし、女性の方から一歩踏み出せるよう努力します。

一方で、話し合ってもけんかばっかりで、どうしたらいいのかという相談もあります。率直に言えば、価値観の相違は今後も引きずるので早めに別れた方がいいと思っておりますが、相談者の希望を聞いた上で、それにそった形でアドバイスいたします。

相方問題で私が一番気をつけていることは、相談者であるAさんの相方であるBさんとの相方感の確認です。それは、「あなたは「相方」とどういう関係が理想なのでしょうか。」と尋ねることで確認できます。相方Bさん本人がいないので確認するのに限界がありますが、できる限りAさんの話を聞き相方の心情を推測します。どんな占いの結果になるにせよ、今後も2人の関係を築いていきたいのであれば2人の相方感の一致が必要です。

繰り返しになりますが、相方となった以上人間相互間の意識の違いが必ず発生します。次に「相方とうまくやって行くには」に入りましょう。まず、「相方とうまくやって行くには」には、大きく分けて二つのシチュエーションがあります。

一つ目は、今は相方との関係が順調に進んでおり、今後もうまくやっていけるのかという将来に対する不安、二つ目は、現在相方とうまくいっておらず、どうやったら昔みたいにうまくやっていけるのかという現状に対する悩みです。

一つ目については、単純に将来うまくいくかどうか占えば、相談者であるAさんは満足していただけます。ですから、ささっと将来を占ってしまえばよいと考えがちですが、私はそのような方法をとりません。

将来うまくいくかどうか、それは、これから起こるであろう事象よりも現時点で2人の関係に問題がないことが重要です。もし、2人の関係を順調だと考えているAさんが、すでに2人の関係を悪くするような問題を見落としていたとしたら、2人の将来の関係は悪くなることが予想されます。

現時点で潜在している問題点を認識することができれば、占うまでもなく2人の関係の将来は暗いことを言い当てることができます。単純に未来予想家としての占い師の腕を見せるだけなら、今は順調だけど将来が悪くなるというだけで、Aさんに対してすごい占い師だと見せつけることができるでしょう。

しかし、私のモットーは「相談者をより良い未来へ導くこと」です。占い師は未来予想家ではありません。これから悪くなるという予想は、Aさんをただ不安にするだけで何も生み出しません。私がAさんに一番始めにすることは、現時点で何か問題を抱えていないか確認することから始めます。もし、問題点があるとしたらそれを指摘して直すよう促します。

問題を解消することで、これからの未来に前向きに取り組むことができます。その後タロット占いをしますが、どんなカードが出てもやることは変わりません。この問題点を抽出し、改善することこそ一番重要なのです。これはすでに占いではありません。カウンセリングやコンサルタントです。

相方の一方の話だけを聞いて二人の関係の潜在的問題点を抽出するのはかなりテクニックが必要です。どんな占い師がすぐれた占い師なのか。私はそれをいつも自らに問いかけます。それは、霊的な能力でもなく、占術の長けた占い師でもありません。

優れた占い師とは、相方の一方の話だけを聞いて二人の関係の潜在的問題点を抽出できる占い師に他なりません。優れた占い師は、感情や神秘的な力を持つ占い師ではなく、客観的かつ論理的な思考を持っている占い師です。

そして、優れた占い師になるためには、数多くの多種多様の問題を解決していること、つまり数多くの経験が必要です。ドラゴンクエスト10内において、人間関係の問題の多くが相方問題であることから、それを解決できるということ、それは、ドラクエ10で占い師をするに当たって非常に重要な資質なのです。

相方問題を複雑にするとすれば、相方同士の問題に第三者が登場することです。たとえば女性が相談者(A)で相方が男性(B)だとしたら、第三者は女性(C)で、相談者と相方の関係を第三者が崩すという形で問題になります。

2人のときは問題なかったのに、Cが現れたから関係が悪くなったということで、Aは私にCが悪いのでなんとかしてほしいと相談にくることが多いです。しかし、よくよく話を聞くと、実際に悪いのはCではなく、AさんとCさんの関係をはっきりしないBさん若しくはCさんを嫌っているAさんであることが多いです。特に後者の場合は修復が困難であることが多いです。

具体的事例を書きましょう。A(女性)は、B(相方男性)と2人で相方として過ごしていました。あるときC(女性)が新しく現れ、Bと一緒に冒険し始めました。この時からBはAと冒険しないでCと冒険するようになります。

そこでAさんは、Cさんに「私とBさんは相方なんだからBと冒険しないで」と言いました。CさんはBさんと距離を置くようになりましたが、その原因がAであることを突き止めたBさんがAさんに「Cにそんなことするな、俺はCと仲良くしたいんだからおまえも仲良くしろ。」と言ってきました。AさんはしぶしぶBさんの言うことを聞き、Cさんと仲良くしようとしますが、一度嫌いになったCさんとうまくいかず、Bさんとの関係もどんどん悪化します。
そして、Aさんは私にどうすればいいのでしょうか、相談に来ました。

この問題の根底にあるのは、Aさんはその矛先をBさんに向けるべきであるはずなのに、なぜかその矛先をCさんに向けたことがあげられます。このような三角関係がぎくしゃくするのは、二者の真ん中にいるBさんが原因であり、三角関係を維持する以上、AさんはBさんに関係改善を訴えなければなりません。しかし、AさんはなぜかBさんにそれを向けずCさんに向けます。Aさんからすれば、三角形の維持は不要であり崩すことこそ正常化と考えているわけです。Cさんを排除しようとCさんに意地悪をします。

一方でBさんはどうでしょうか。もしBさんが三角形の維持が必要だと考えていたら、Aさんの行為を快く思わないでしょう。BさんはAさんと関係を維持しつつCさんと仲良くしたいと考えるのは普通でしょうし、CさんもすでにできあがっているAさんとBさんの相方関係をくずしたくてBさんと仲良くしたいとは考えていないでしょう。だからAさんから「Bと冒険しないで」言われたとき、言われるがままに距離をおきました。このままでは、BさんはAさん以外の異性と友達になることができなくなってしまいます。

ここまでは私の想像の世界です。実際は、CさんはBさんを狙って近寄ったかもしれませんし、BさんもまんざらCさんを狙っていたかもしれません。そうだとしても、AさんがBさんを介さずCさんに直接廃絶行為をしてしまうのは、Bさんの関係を破綻する自殺行為と言えるでしょう。

CさんがAさんの言うとおりBさんとの距離をおいたとしても、BさんはなぜCさんが距離をおいたのか理由がわかりません。そこで、Cさんに、Cさんのフレンド経由かもしれませんが、その理由を聞いたところ、Aが原因だということがわかりました。それを聞いたBさんは憤慨します。なぜならBさんはAさんが自分に言わないことに対して大きな不信感を持ってしまうからです。

Bさんは文句があるならCさんにいわず自分(B)にいってほしいと思っているでしょう。相方なら、Bさんと話をして二人の関係を確認して堂々としていれば良いのです。ここでCを排斥することは、Bを信用していないということの裏返しです。

ここまで関係がこじれると、修復はかなり困難と言えるでしょう。このような三角関係は、Bさんの態度次第です。BさんがCさんとの関係を切ってもらえれば元の関係に戻るかもしれません。しかし、一度AさんにCさんと仲良くしろ、といった状況と、Cさんは何も悪いことをしていない状況を踏まえると、BさんがCさんを切る選択肢を選ぶ可能性も0に近いでしょう。

この状況に解決策はあるのでしょうか。はっきりいえばAさんが望む形での解決方法はありません。AさんがCさんと仲良くできない以上解決できないでしょう。Aさんは自分の行為に誤りがあったことを認める必要があります。なぜBさんにいわずCさんに言ってしまったのか。失った関係を取り戻すことは困難です。ですから同じ失敗を二度しないことが大事です。

ここまで読んで気がついた方もいらっしゃると思いますが、三角関係で書くと非常に複雑に感じますが、この問題は、AさんがCさんを嫌いだということが原因となっています。注意すべきところは、CさんはAさんが嫌いかどうかは問題ではないことです。さらに、この関係に文句を言っているのはAだけであることです。つまり、Aさん一人だけがこの関係を問題だと思っている状態で、ここに人間相互間の意識の差が生じています。

Aさんが維持したいのはBさんとの関係であり、Cとの関係はどうでもよかったはずです。だから、人間相互間の意識の差を解消する必要があるのはBさんとの関係であったはずなのに、なぜかCさんにこの意識がいってしまいました。これが不幸の始まりです。

Aさんの心境を書くとすればこうでしょう。いままでは、Bさんのことだけ考えていればよかったのに、Cのこと(正確にいえばBと一緒に冒険しているCのこと)を考えなければならなくなりました。いままでこんなことなかった、Cがいるからこうなったんだ。

この三角関係をあくまで相方問題としているのは、Cさんはこの関係の要素の一つですが、根本的な問題解決は相方間での認識統一であるからです。Cさんが登場する前にもDさんやEさんがいたかもしれません。不幸にもたまたまAさんの目にとまってしまったのがCさんなのです。

アストルティアでは4人パーティーですので、異性との冒険は避けられないはずです。Cさんが現れる前にもBさんは他の異性のプレイヤーと交流をしていたはずです。たとえBさんがCさんとの関係を切ってAさんとの関係を維持したとしても、第二のCさんは現れることになります。繰り返しになりますがこの関係を問題だと思って文句を言っているのはAさんだけです。Bさんからすれば、Cさんとの関係を見直すよりも、文句を言っているAさんに対してどう対応すればいいのかしか頭にありません。

逆に考えましょう。Aさんも知らずうちにBさん以外の異性の冒険者とパーティーを組んで交流することもあるはずです。これをDさん(男性)としましょう。そこでBさんがDさんに「Aと冒険しないで」といったとしましょう。そのことをDさん経由でAさんが知ったとしましょう。Aさんはどういう気持ちになるのでしょうか。さきほどのBさんと同じ気分になると思います。

もし、それとは違い、Aさんが「(Bさんが)私のことを思って言ってくれたのね。嬉しい!」と思ったなら、二人っきりでどうぞアストルティアの世界を楽しんでくださいと言いたいです。さきほどのCさん、この例のDさんは被害者です。なぜならCとDはなにも悪くないのに、文句を言われたり、距離を取ったりして気分悪いでしょうから。

アストルティアの闇一覧に戻る。

ありがとうございます!
このページを読んだら、感想をポチッとお願いします!押していただいても押した事実以外一切記録に残りません。
  • いいね! 
  • まあまあ 
  • イマイチ 
  • 誤字がある 

コメント