アストルティアの闇 チャットが返ってこないんです

アストルティアの闇一覧に戻る。

人間関係の悪化は日常のちょっとしたところから始まっています。その中で、よくある話として、チャットやメールを送ったのに、返信がない、無視されているという相談が非常に多いです。

いつも通りAさん(女性)が相方であるBさん(男性)に対して送ったチャットに対して返信がないことに不満を持って、私のところに相談に来ました。

たかだか、チャットと侮ることなかれ。特に女性は、「返信が遅い」、「返信してくれない」という問題を大きな問題ととらえています。それは、相手に対する不信感を増大させ、特に付き合って初めの時にBさんがまめにAさんに返信していると「最近メールの返信がない」「昔より冷たくなった」「ほかに仲の良い女性ができたのでは」など、どんどん悪い方向に持って行きがちです。

AさんはBさんに返信がないことを一度怒っても、その時はBさんも「わかった、わかった」と言ってくれるのですが、しばらくするとまた返信がないことがあり、その繰り返しだそうです。

話を聞いている限りでは、Aさんがチャット魔でたくさんのチャットをしているということではなさそうです。それでも返信しないから、Aさんは不満に思っているようです。

そういう方には、Bさんが消極的にチャットしない選択肢をしていることについて説明します。

「消極的にチャットをしない」とは、チャットに返信したときとしなかったときの被害を比較考慮して、しない方がいいと判断してあえてしないことです。これだけでは意味がわからない方もいると思いますので、説明します。

たとえば、パターン1として、BさんがAさんとの約束を破って待ち合わせに来なかったので、AさんからBさんに「なんでこなかったの!」とチャットするとします。この場合は、Bさんは自分の立場が悪いので、来なかった理由をチャットで返すことになるわけですが、このチャットにどんなことを書いても「言い訳」になり、Aさんからさらなるチャットが飛んできて、長いチャットでのケンカが始まることになります。つまり、Bさんにとっては、長々Aさんからのお説教が始まるわけです。どんなチャットをしても「言い訳」になるのであれば、「男は黙って」ではないですが、送らない方がいいと考えてもおかしくないと思いませんか。

次にパターン2です。Aさんが一緒にパーティー組もうとBさんにチャットを送ります。しかし、Bさんは別のフレンドから誘われててそっちを優先したいので、Aさんとパーティーを組むことができません。ちなみにBさんが相方よりフレンドを優先するのは、相方とはいつでもくめるけどフレンドとはなかなかパーティーを組む機会がないからだと私は想像しています。

このとき、Bさんは「無理だわごめん」とAさんに送ればさほど問題ないように感じますが、なぜかAさんに返信しません。なぜか。それは、AさんがBさんの「無理だわごめん」のチャットに対して「なんで?」というチャットを返す可能性が高いからです。それに対して「フレンドに誘われてて」と返せば、相方のAさんは「相方よりフレンド優先なの?」とかいわれるのでしょう。はっきりいってめんどくさいです。

さらに、Aさんからのチャットに対して返信しなければAさんとパーティーを組むことがない、つまり「組めない」と返信しなくても「組めない」という選択肢を選ぶことができます。返信をしないという選択肢をとってしまう要因です。

「消極的にチャットをしない」という選択肢をBさんが取らなかった場合で、BさんがAさんに対してチャットで返信できない状況ということは、AさんがBさんに無視されている状況が無いと仮定するならば、他のことをしていて返信している暇がなく、通り過ぎてしまった状況が考えられます。この状況において、Bさんからできるだけ返信をもらうためには、他のことをしていても返信できるようなチャットが望ましいです。

では、Bさんからチャットが返ってくるようにするにはAさんはどうすれば良いのでしょうか。私は、チャットマスターでもないのでもっと良い方法があるかもしれませんが、一応紹介します。

1 返信しやすいチャットにしよう。
「○○に一緒に行く?」「○○に一緒に行く?行けない?」など選択肢を用意したチャットにしましょう。極端な話、YES(OK、了解) or Noだけで返信できるようなものがよいです。なかなか返信がなかったら行けないパターン(No)が多いので、確認で「行けないなら行けないで良いよ、やっぱり行けないの?」とBさんに追加してチャットするとBさんも返信しやすいでしょう。

2 返信が欲しいことを明示しよう。
そもそもチャットは返信が義務づけられているものではありません。もしすべてのチャットに返信が義務づけられていたら、チャットは永遠に終わらないことになります。ですから、返信しなくてもよいチャットというのも存在します。返信するかしないかは、返信者の一存で決まります。つまり、Aさんがどういうチャットをしても、そのチャットに返信するかを決めるのはBさんの意志で決まります。ですから、AさんがBさんの返信が欲しくて必死にチャットしても、一方的に送ってきた雑談としてBさんが返信不要のチャットをAさんが送ってきたとして受け流されることがあります。本当に返信が欲しかったら、チャットを疑問系にするとよいでしょう。さらにもっと強調したければ、語頭や語尾に「返信求む」などをつけてみよう。

3 事実だけ確認し、その理由をその場で追及するのはやめましょう。
BさんがAさんの誘いに乗れないのには理由があります。Bさんなりに考えた上で、選択しています。その考え方がどうであれBさんがあなたと行かないと言っている以上、Bさんを信じてその場ではその選択を尊重し、掘り下げるのをやめましょう。
もし、どうしてもその理由を確認したいのなら次に会ったとき、時間があるときに後で確認すると良いでしょう。

チャットの場合、文字数が限られているので長い文字を送ることは無いと思いますが、長文での誘いは避けた方が良いでしょう。とくにチャットがまたがるとどれに対して返信すればいいのかわかりにくくなります。さらにメール等で長い文章にすると、返信しなければいけない箇所が増えがちになり満足な返信が得られないことが多いです。

本当に返信が欲しいなら、自分のチャットに対して相手がどう返信チャットするのかを想像しながらチャットしましょう。

一例ですが、参考になれば幸いです。

アストルティアの闇一覧に戻る。

ありがとうございます!
このページを読んだら、感想をポチッとお願いします!押していただいても押した事実以外一切記録に残りません。
  • いいね! 
  • まあまあ 
  • イマイチ 
  • 誤字がある 

コメント