日誌フェス2018を終えて

こんばんは。

日誌フェス2018でタロット占い「アストルティアの母」日誌フェス出張版として出展した、タロット占い師レッズです。

今回も私と日誌フェス2018にまつわる話を書き上げたいと思います。長い物語になると思いますが、お付き合いいただけると嬉しいです。

ちなみに、前回・前々回の日誌フェスでは、以下のとおりの冒険日誌を書きました。お時間がある方は一読いただけると嬉しいです。

○日誌フェス2016 Another story
https://toaru.chobi.net/?p=1983

○日誌フェス2017への思い
https://toaru.chobi.net/?p=3979

私が日誌フェスに参加するのも、今回で4回目となりました。

さて、何を目標に今年は開催しましょうか。

過去の目標をまとめると、以下のとおりです。

日誌フェス2015の目標=次の日誌フェスに呼ばれること。
日誌フェス2016の目標=日誌フェスのできる過程を体験すること。
日誌フェス2017の目標=最高の冒険日誌を書くこと。

3回参加して日誌フェスにおいて私に何ができるのか、一定程度成果を出すことができました。

何か新しい目標を見つけよう。

まず、始めに行ったことは、日誌フェス2018全体として何か変化するところがあるのかを確認することでした。

「今年と去年何が違うんですか。」

そう、あるミーティングで日誌フェスの運営の方に問いかけました。そして帰ってきた答えは、今年は去年と「変わらない」という答えでした。

日誌フェスは大型イベントとして、完成度は高いのは私も重々承知しております。これ以上何かすることが難しいことも頭の中では理解しております。変わらないといっても、私の目に見えないだけで変わっている部分があるということも理解しています。

しかし、今年は去年よりも大きな成果を得ようとしている私にとっては、残念な回答でした。なぜなら、「あなたも去年と同じことをしてください。」そう、言われたような錯覚に陥ったからです。

「変わらなくて本当にいいのだろうか。」

私の日誌フェス2018は、それを確認することから始まりました。

いままで私が日誌フェスにおいてやっていなかった活動。それは、日誌フェスの評判を調べることでした。スタッフに入り込んでいるが故に、日誌フェスを正視して見ていなかった私のずっとやりたいと思っていたことでした。

日誌フェスの客観的評価を知りたい。

それにはまず、日誌フェスは、どういうふうに世間の目では映っているのか確認することから始めました。日誌フェスの知名度、そして知っている場合、どういうイメージをいだいているのか、を。それを知れば、私のイベントも一皮むけるかもしれない、そう思い実行しました。

「あなたは日誌フェスを知っていますか?」

そう、私のイベントに来る方に問いかけ続けました。知っていると回答した方には「どういうイメージを抱いているのか?」伺いました。

その結果、日誌フェスのことを知っている人は10人に1人であることがわかりました。この数字を多いか少ないか、どう捉えるかは人それぞれですが、プレイヤーイベントに関心がある方に聞いていることを考えると少ないと思いました。

日誌フェスを知っているという10人に1人の方に、日誌フェスのイメージを伺いました。「毎年やっているイベントですよね。」という方もいました。一方である1人の方は、こう言いました。

「あれって身内のイベントでしょ。」

私はその言葉を聞いて何も言い返せませんでした。なぜなら、身内のイベントではないか、そういう疑問が私の中に少なからずあったからです。

私はプレイヤーイベントをたくさん行ってきました。回数を重ねると「身内のイベント」になっていく現象があることも理解していました。そして、身内のイベントの弊害も「レッズのプレイヤーイベント実践ガイド」で書いたとおり理解していました。

だから、この言葉を言われたとき、言われたことより「そうじゃない」と、すぐに言い返せなかったことが悔しかった。

そもそも日誌フェスに来る客層はどうなっているのか。

整理すると、日誌フェスに来るお客様は以下の3つのゲートをくぐり抜ける必要があります。

1.日誌フェスを知っていて、
2.日誌フェスに良いイメージを持っていて、
3.日誌フェスに行く時間がある方。

3はともかく、1のゲートをくぐり抜ける方の割合が10人に1人以下であり、それをくぐり抜けた方でさえ、「身内のイベント」という悪いイメージを持っている人がいる状態です。

そして、さらに調査してわかったことは、ドラゴンクエスト10を新しく始めた方ほど、日誌フェスを「身内のイベントで行きにくい。」と回答したことです。

つまり、歴史があって古参が集まっていて定評があるイベントが多いという日誌フェスの強みが、逆に弱みなっているということです。

それでは、古参を集めつつ、新しい方を集めるイベントにすることができるのか。そういう目線で、日誌フェス2018のイベントの告知文を読み直しました。まだ、私には日誌フェスにやり残したことがあったことを実感しました。

「どれだけ新しいお客様が私の目の前に現れるのか。」

それが、私の今年の日誌フェスの目標となった日でした。

そして私は、それと平行して日誌フェスの21日前に、「日誌フェス2018に向けて」という記事を書きました。

私のイベントに足りない物は何か。過去の開催状況を分析して出しました。

私のイベントは、以下の特徴を持っています。

・参加型である。
・途中からでも参加できる(劇等のようなはじめから見てないと、ということがない。)。
・全時間帯で開催。

その特徴が故に、来る方の性質としては以下のような傾向があります。

・(いつでもやっているので)見に行く優先順位が低く、後回しにされる。

つまり、他のイベントが終わった後に来る方が多い。時間が経過するにつれて段々お客様が増えてくる傾向がある。裏を返せば初動が悪い。初動が良ければもっと発展できる素質がある。

そう考え、イベントはじめの時にたくさんの人を集めること、「初動」を重視することにしました。

しかし、これは皮肉な結果を生みました。

さきほど、「身内のイベント」という分析から、新しいお客様を集めるという目標を立てました。

その一方で「初動」を重視すると言うことは、私の知り合いに声をかけて、始めに来てもらうという作戦をとることとなります。これは新しいお客様を集めるという目標に反しています。なぜなら身内のイベントを自ら作っているからです。

二律背反。

たくさん人を集めつつ、身内のイベントにしないイベント開催方法とは何か。この矛盾する2つの命題に対して、私はどうすればいいのか悩みました。そのとき私の脳裏をよぎった言葉があります。

If general perception changes from seeing the glass as “half full” to seeing it as “half empty”, there are major innovative opportunities.

世の中の認識が、「コップに水が半分入っている」から「半分空である」に変わるとき、イノベーションの機会が生まれる。
ピーター・ドラッカー

水を「知り合い」、空間を「新しいお客様」と考えましょう。

コップには大きさの限界がありますので、水と空間は一定の和で存在します。つまり、水と空間がコップの中でどれだけの割合あるのかに過ぎません。

水が少なければ少ないほど、コップの空間はたくさんあるし、水が多ければ多いほどコップの空間は少なくなります。これが二律背反になっている現状です。

現状を打破するために、まず、試しにコップにありったけの水を注ぎましょう。すると、いつかコップの中が水で満杯になり、コップの外に水があふれてくるでしょう。

コップから水があふれないようにするにはどうすればいいのか。コップが水で一杯になる前に注ぐのを止めるか、コップを大きくすればいいのです。

ドラッカーは、水から空間に視点を変えることでイノベーションの機会が生まれるとおっしゃいました。

私は、水でも空間でもなく、そのコップという受け皿に目を向けました。

水は「知り合い」、空間を「新しいお客様」とするとしました。一方で「コップ」とはいったいなんでしょうか。この時の私には分かりませんでした。未知との遭遇です。俄然コップの正体について興味を持つようになりました。

コップの正体を暴くには、とにかくコップに水を注ぎ込み、とにかくコップに空間をたくさんつくることです。そして、コップが水と空間で一杯になってあふれたとき何が起こるのか。ただ水があふれるだけなのか、それともコップの外に実は新しい大きなコップがあるかもしれない。

全部集めればいい。

そう、それが両立するかはさておき、私は、知り合いも新しい方もみんな楽しく参加できるイベントをしたいのです。そして、それが両立するか、両立できないか、哲学的な話はどうでもいいのです。

私が知りたいのは、水と空間、そう、知り合いと新しいお客様を全部集めて「コップ」が一杯になったとき、どういう現象が起こるのか。そして「コップ」の正体は何か。

それが私の日誌フェス2018の新しい目標となりました。

目標を達成したとき、私は「コップ」の正体がわかるでしょう。そしてイノベーションを超えるイノベーションを目の当たりにすることができます。それを楽しみに当日を迎えました。

日誌フェスの当日、私はタロット占いをしました。これは日誌フェスだからしたというわけではありません。毎日、タロット占いをしてブログにアップしているので、ただの習慣です。

そして、でたカードが「カップのクイーン」。

カップのクイーン

カップのクイーン

カップのクイーンは、タロットカードすべてのカードの中で最高級のカップを持っているカードです。

まるでその最高級のカップが、「コップ」であるかのような、そんな幻覚に陥りました。

そして21時になり、私の日誌フェス2108のイベントが始まりました。

イベント当日は、まるで夢のようでした。

力をいれていた初動については、もちろん自らの営業努力もありましたが、私が「初動」「初動」と書きまくったせいか、日誌フェスの運営の方々も気を遣っていただいて、21時に私のところにお客様を誘導していただきました。

おかげさまで3時間30分で42名の方を占うことができました。他にもたくさんの見学者も来ていただきました。ありがたいことです。

そして、私は皆様に謝らなければならないことがあります。

それは、告知に書いた混雑予想。

あれは嘘でした。

<事前予想>
21:00~□□□
21:30~■□□
22:00~■■□
22:30~■■■
23:00~■■□
23:30~■□□

<事実>
21:00~■■■
21:30~■■■■
22:00~■■■■■
22:30~■■■■■
23:00~■■■■■
23:30~■■■■

私がこだわっていた「コップ」というもの。それは3つのマスが容量と思ってました。

でも事実は、3つのマスは遥かに飛び越えて、5つのマスまで到達していました。

なぜ、私のイベントにこんなに長い時間並んでいただけたのか。

その時何が生まれたのか。その時は理解できませんでした。

予約すれば待ち時間0で占っているのに、なぜ日誌フェスでは、5分程度で占っているだけでこんなに長蛇の列ができるのか。

たった1枚でさらっと占っているだけですから、普段のイベントと比較したら、その濃度は10分の1もないと思います。

何が違うのか。

それは、私の力だけではないからです。

普段のイベントは、私1人で運営しているので、1人の力に過ぎません。

でも、「日誌フェス」の「タロット占い「アストルティアの母」」は違います。

現場で誘導を手伝っていただいた「ちな」さん、そして、初動が欲しいと言った私に協力してくれた「メイア」さん、「エイミー」さんを始め、他の日誌フェスの運営スタッフの方々。

そして1時間前から並んでくださった方、最後まで見守ってくれた方々、たくさんの参加者、見学者の皆様。あげれば切りがないくらいのたくさんの方によって作られたイベント。だれかがかけたら成り立たないもの。

1人のイベントじゃない。

私は「コップ」が何なのか、その正体を知りたがってました。

日誌フェスに4回も参加して初めてわかりました。

自分の「コップ」が一杯になったら、だれかが自分の「コップ」を差し出してくれることを。そして、1人ではできなかったことが次々とできるのです。

それによって、普段のイベントではできなかった大きなこともできます。そう、「日誌フェスに参加した私」なら。

そして、個人の方がもつコップとは別のコップが存在していることにも気がつきました。

そのコップは日誌フェスというイベントが持つ「コップ」です。それはどんな「コップ」よりも豪華で大きいコップ。そう、カップのクイーンの持っているカップのように蓋がある「コップ」です。

蓋とは、最後イベントが破綻しそうになったときに閉めるためにあるもの。

蓋の管理者はイベント主催者。私がどんどんイベントを拡張してコップを増やしていって耐えきれなくなったとしても、最後は別の人が責任をとってくれるというのですから、こんなにすばらしいことはないでしょう。

「全部私の責任だから」

そう、カップのクイーンはつぶやきました。

豪華で大きな「コップ」でイベント全体を包み込み、そして蓋までついている日誌フェスという「コップ」。そういう土台があるということがどんなにすばらしいことか。なぜ私がいままで気がつかなかったのか。

ありがとう日誌フェス。

長文、最後まで読んでいただきありがとうございます。

この冒険日誌にたくさんのコメントをいただけると嬉しいです。コメントいただければ必ず返信いたします。

占い師 レッズ

ありがとうございます!
このページを読んだら、感想をポチッとお願いします!押していただいても押した事実以外一切記録に残りません。
  • いいね! 
  • まあまあ 
  • イマイチ 
  • 誤字がある 

コメント