占い師の戦術考察 その9 弱体系アルカナ

アルカナの紹介も最後になりました。

最後は弱体系アルカナです。あんまりコメントありませんが、とりあえずまとめてみました。

カード名 枚数 消費MP 効果
愚者 2 12 乗るとダメージが約1.2倍に増加する魔法陣(緑)を張る。15秒程度でなくなる。
女帝 4 8 周囲の敵を魅了する。
4 4 乗ると幻惑する魔法陣(ピンク)を張る。10秒程度でなくなる。
4 4 乗ると眠らせる魔法陣(青)を張る。10秒程度でなくなる。

タロット魔人との戦闘では、月は非常に有効です。幻惑させればブレス以外ダメージを受けることがほとんどなくなるのでお勧めです。

愚者も強力そうな効果ですが、使うタイミングが非常に難しいです。

コメント少なくて申し訳ありませんが、今のところ弱体系アルカナについて語ることがないです。

罪人をつかう前に状態異常を増やしておくと20%多くのダメージが与えられます。呪いは、なぜか40%多くのダメージが与えられるので、死神→罪人のコンボは強烈です。

吊された男

12.吊された男

このページを読んだら、感想をポチッとお願いします!押していただいても押した事実以外一切記録に残りません。
  • いいね! 
  • まあまあ 
  • イマイチ 
  • 誤字がある 

コメント