占い師の戦術考察 その8 強化系アルカナ

攻撃系、回復系と来ましたので、今回は強化系アルカナに入りましょう。
効果は以下のとおりです。

カード名 枚数 消費MP 効果
悪魔 4 6 使用した敵のテンションが上がったとき、自分のテンションが上がる。
恋人 4 5 使用した味方のテンションが上がったとき、一定確率で自分もテンションが上がる。
皇帝 2 10 仲間1人のチャージ時間を10秒短縮する。
世界 4 3 仲間範囲にスペルガードをかける。
4 4 自分と周囲仲間の攻撃力を2段階上昇。
魔術師 2 5 仲間(自分不可)1人のテンションを2段階上昇(テンション20からは上がらないこともある。)。

雑魚戦において、最も力が発揮されるのは「力」でしょう。これがあれば、サポは選びたい放題ですね。凍てつく波動に対応できるよう、エンゼルスライムにするのも悪くありません。

強敵との戦いで輝くのは、皇帝でしょう。チャージタイム短縮により強スキルが短い時間で使用可能になります。攻撃系のスキルはもちろんのこと、守備系のスキルの短縮も可能です。

呼吸があえばおもしろいのが魔術師でしょう。強スキル使用前に味方のテンションを上げることができれば、大きな威力を発揮します。ただし、2枚しか持てないのでタイミングが難しいです。エンゼルスライム候補ナンバーワンです。

恋人と悪魔は使いどころが難しいです。恋人は魔術師と組み合わせると一緒にテンションがあるのでおもしろそうですが、どうなんでしょう。

皇帝

ありがとうございます!
このページを読んだら、感想をポチッとお願いします!押していただいても押した事実以外一切記録に残りません。
  • いいね! 
  • まあまあ 
  • イマイチ 
  • 誤字がある 

コメント