占い師の戦術考察 その5 モンスター効果

今回はモンスター効果について書きたいと思います。

特筆すべきモンスター効果は、「わたぼう」の必ず開幕の手札に入る効果でしょうか。どのカードが手札に入るのか運になっている占い師にとって、戦術の要となるカードと言えるでしょう。

味方にバイキルトをかける「力」、集団の敵を殲滅できる「塔」、ピンチになったときに蘇生できる「運命」、敵を弱体化できる「愚者」、タロット魔神に有効な「月」など、様々なアルカナ効果と組み合わせが戦略として考えられます。

一方で「わたぼう」のカードを選択することで、失うものがあります。それはオーラ効果です。同じモンスターが3匹そろうとオーラ効果が発動し、効果増強が見込めます。一方で「わたぼう」は1枚しか持てないのでオーラ効果が発生しないという欠点があります。したがって、オーラ効果に期待するのであれば、あえて「わたぼう」を持たないという選択肢も考えられます。

逆にオーラ効果と相性がいいモンスターカードは2つあります。まず一つ目が「エンゼルスライム」です。「エンゼルスライム」は2枚でオーラ効果が発動するという特殊効果があり、さらに特技「エンゼルのみちびき」で手札に呼び寄せることができます。つまり、「エンゼルスライム」のタロットを2枚デッキに配置すれば、「エンゼルのみちびき」を使えば、必ずオーラ効果を発動することができます。

そして2つめは「スウィートバック」です。「スウィートバック」は50%タロットを消費しないという効果があります。つまり、「スウィートバック」が3枚そろってオーラが発動した場合は、オーラ発動状態を維持したまま次のタロットを使える可能性が50%あるということです。そのため連続使用が見込まれる攻撃系タロットや「魔術師」と相性が良いです。他のカードであれば、3枚そろった状態でのオーラ効果は1回限りで終了します。

というわけで、私は「スウィートバック」の魅力に惹かれています。そのせいでエンゼルスライムのカードが全く作れていません。

カップの7

ありがとうございます!
このページを読んだら、感想をポチッとお願いします!押していただいても押した事実以外一切記録に残りません。
  • いいね! 
  • まあまあ 
  • イマイチ 
  • 誤字がある 

コメント