高級キーボードのススメ

皆さん、今、どんなキーボードを使っていますか?

リアルフォース

私は、今まで、キーボードの品質についてはさほど気にしていませんでした。つい最近まで、安いUSBキーボードを使っていました。

しかし、最近、長い文を打つ機会が多くなり、だんだん手が痛くなってきました。もちろん、力を入れて打っている私の打ち方が悪いのですが、打ち方を変えずに手が痛くならない方法はないかなと思ってました。まず、つい最近のキーボードは2か月前に買ったロジクールのIlluminated Keyboard k740というキーボードです。名前のとおりキーが光るので夜でも打ちやすいということで購入しました。

Illuminated Keyboard K740 スリムなデザインとバックライトキー
一日中快適なタイピング。

パンタグラフ式のキーボードで、キーストロークが少ないのが特徴です。しかし、キーストロークは短いけど、文字を入力するには結局ある一定の力が必要なので、キーストロークが短いことがそのまま指へのダメージになっていました。

手が痛くなる原因、このキーボードが原因なのではないかと思うようになりました。つまり、キーストロークが深くて、入力までの一定の力が少なくてすむキーボードを買えば、指へのダメージを防げるのではないかと思いました。

手へのダメージは無視できないと思い始め、新しいキーボードを探す旅が始まりました。

まず、キーボードを選ぶために、大手家電量販店に行きました。この店では、多くのキーボードを実際に触って選ぶことができるようになっていました。

キーボードには、様々な種類があります。大きさ、接続方式、入力方式等で様々なキーボードが並んでいます。その中でプロが使う「高級キーボード」として並んでいたのが、東プレのリアルフォースシリーズと富士通コンポーネントのリベルタッチでした。

キーボード(REALFORCE) | 電子機器関連製品 | 製品情報 | 東プレ株式会社
富士通コンポーネント Libertouch White USBキーボード 日本語108キー 入力荷重調整可能 ホワイト FKB8540-051/W
自由(Liberta)にキー入力荷重を調整できるカスタマイズ性とキーと指との一体感を極限まで追求し、なめらかなストローク、軽快なタッチ(Touch)によりタイピングに限りない心地よさを実現。■型番:FKB8540-051/W■接続:USB1.1■キースイッチ:メンブレン方式■キー配列:日本語108キー■サイズ:456m...

これらのキーボードは、ぱっと見、1000円のUSBキーボードと変わらない。キー配列も同じ、キー数も同じ、特別な機能もありません。

たとえば、ゲーム用のキーボードであれば、マクロキーをたくさん搭載していたり、液晶画面付きのものなど機能面で高機能であったり、キーボードが光ったりして見た目が違うあるキーボードもある。こういうものは高機能であるから普通のキーボードよりも高いのは納得できます。

しかし「高級キーボード」は、機能面で安価なキーボードと差はありません。では、何が違うのでしょうか。それは、キーボードを打った感触が違いすぎる。この一言に尽きます。

キーボードで文字を入力するときに普通のキーボードであれば、入力と同時にキーからの反発を感じるのですが、「高級キーボード」はそのような反発は全くなく、指がスッと入っていきます。だから、キーボードを打つのに強い力も必要なく、手に負担なく文字入力ができます。本当に気持ちいいほどにスカスカ文字入力ができます。

すっかり「高級キーボード」に魅せられた私は、東プレのリアルフォースか富士通コンポーネントのリベルタッチのいずれかを買うことを決めました。

この2つのキーボードは、値段、機構も違います。機構面から見れば、無接点方式を採用しているリアルフォースの方が特殊な機構を使っているため値段が高いです。一方、リベルタッチのメンブレン方式は、安価なキーボードが採用している方式です。

ここでは、方式がどうこうということを忘れて、純粋にどっちが私にとって入力しやすいか、で決めることにしました。

東プレのリアルフォースは少ない力でスコスコ文字入力ができるので長時間タイプする方や手を痛めている人にお勧めです。

一方リベルタッチはスッスッとなめらかなに文字入力ができます。どっちの方が気持ちよく文字入力できるのはどちらかといわれたら、私はリベルタッチの方でした。

マニアが買うリアルフォース、マニアのマニアしか買わないリベルタッチ、まさにその言葉がふさわしいキーボードでしょう。このキーボードを使ってドラクエ10をやっているのはたぶん私だけでしょう。いい道具を使うと、ずっと使いたくなる、まさにその言葉がぴったりでした。

現在は、リベルタッチとリアルフォースを両方買って使っています。

入力した感覚はリベルタッチが好きで、長時間入力して疲れないのがリアルフォースなので、普段はリベルタッチで、長時間文字入力するときはリアルフォースを使っています。

手が痛くなってキーボードを打っていて手が痛くなってきたとなやんだら、キーボードの買い換えをおすすめします。

ありがとうございます!
このページを読んだら、感想をポチッとお願いします!押していただいても押した事実以外一切記録に残りません。
  • いいね! 
  • まあまあ 
  • イマイチ 
  • 誤字がある 

コメント