占い師の見分け方

アストルティアの闇一覧に戻る。

ここで、良い占い師の見分け方を占い師の立場から書いていきます。

まず、占いの相談料以外のお金を取る占い師、ものを売りつける占い師はやめた方が良いです。具体的にはパワーストーンとか売る占い師です。

勘違いされている方が多いのですが、占いとは、霊感とか特殊能力よりも理論整然と人を論理的に説得できる能力が必要です。

占いは理論的に構築されておりますが、その因果関係を証明できないものです。たとえば、半ば破綻している恋人関係について、タロットの死に神のカードが出たとして、死に神のカードは死から生に転じるための死という理論をつかって、いまある関係が終わり、新しい関係が始まるということはできますが、本当に「タロットによって」恋人関係が破綻して新しい関係が始まるといえるのかというと、それは言うことができませんし証明できません。

占い自体は、恋人関係自体になんら作用を及ぼしていないため、因果関係がないのです。もし、占いが作用を及ぼすのならば、その占いの結果を聞いた相談者が、占い師のところに来なければとることがなかった別の行動をとったとき、その結果が常に一定であればそれを証明できます。科学では「再現性」といいますが、それがないのです。

このように占いは科学ではありません。

ここまで占いは理論と言い続けましたが、それでも心理面での影響、特に相談に来る方の心理面の影響が占い結果に大きな影響を与えます。心を静めることができれば占いは成功と言っても過言ではありません。

感情的になっている相談者をいかにして落ち着かせるかが占いの成否を決めます。感情的になっている方は、こちらがどんなに良い話をしても、なかなか聞き入れてもらえません。聞き入れてもらえなければ、相談者に説得することもできず占いを終わりにすることができません。

同じ占いの結果ならば、短時間で結果を出すことも占い師に求められています。無料の占いならばそこまで相談者の不満は出ませんが、有料で時間ごとに料金が変わる占いであれば、時間の浪費はサービス業として失格でしょう。短時間ですぐれた結果を出すことも私が占い師のスキルとして必要と感じているスキルです。

占い師は、相談者を落ち着かせることに力を注ぎます。ゆったりとした心が洗われる音楽に、暗めの雰囲気、紫、黒を基調とした独特の仕様、そして個室・・・。私は、占いの雰囲気作りを重視しています。

一度、私の占いの館に来ていただければわかると思いますが、あれが私の考える相談者を落ち着かせる雰囲気です。

気分が落ち込んだり、感情がうまく抑えられなくなったりしたら、私の館にぜひいらしてください。行くだけでも気分が落ち着くと思います。

相談者を落ち着かせるには、まず、占い師自身が落ち着いている必要があります。さらに、タロット占いは、相談内容とタロットの絵柄を結びつける必要があるので、ある種のインスピレーションが必要です。そのインスピレーションを高めるには、占い師自身の落ち着きが必要です。

ここでようやくペンダント、ストーンという言葉が出てきます。自分が身につけたり、握ったりして落ち着きを取り戻せるものを占い師は身につけています。パワーストーンを売りつける占い師はやめた方が良いと書きましたが、パワーストーンを身につけている占い師は問題ないです。自らの気持ちをどう落ち着かせるかは、占い師によって様々です。

私の占いは、占いと言うよりもセラピーやカウンセリングだとおっしゃる方もいます。たしかにそれに近いことをやっている自覚はあります。手段はどうであれ、相談者が納得していただいてよりよい未来に導くことが私のモットーですので、そのために占い以外の手段を駆使していることは否定しません。

終わった後に気持ちが落ち着けたり、「泣けてきた」とおっしゃるかたもいます。結局、占い何をしているのかというと、今、相談者の中でもやもやしていることを、ある一定の道筋を示すことです。

その道筋が見えてきたとき、相談者はそのような感情になるのかもしれませんね。

アストルティアの闇一覧に戻る。

ありがとうございます!
このページを読んだら、感想をポチッとお願いします!押していただいても押した事実以外一切記録に残りません。
  • いいね! 
  • まあまあ 
  • イマイチ 
  • 誤字がある