タロット占いの方法

このページは、タロット占いの方法について興味がある方が見ていただくものです。
「アストルティアの母」が採用しているタロット占い方法について知ることができます。

78枚使った占い

大アルカナ22枚、小アルカナ56枚を使って占います。78枚すべて使って占うことをフルデッキと言います。

一方で大アルカナ22枚のみで占い方法もあります。一般的にタロットといえば大アルカナ22枚のカードを挿します。愚者から始まり世界で終わるカードです。

22枚で占うのと78枚で占いのと違いがあるのかというと、はっきり言って22枚であろうが78枚であろうがタロット占いであることには変わりません。どちらの方法でも相談者の期待に応えられます。

ただ、78枚使う方がカードの枚数が多いため占い師の技量が必要となります。また、1回の占いにたくさんの枚数を使うスプレッドの場合、1回の占いで10枚使うスプレッドの場合、22枚だと半分近くのカードが出ることになり占いのパターンが少なくなります。22枚で占う場合は、1枚、多くて3枚程度のスプレッドにした方がいいでしょう。

また、大アルカナは小アルカナに比べ精神面での強いメッセージを持つカードです。78枚使う場合は、その大アルカナの強いメッセージを考慮して占うことが可能です。

1回の占いでのタロットの使用枚数について

タロット占いは、1回の占いに1枚から20枚くらいまでの枚数を使います。たくさんの枚数を使うスプレッド(占い方法)で占えば、より深く占うことができます。タロット占いの中で不動のスプレッドは、ケルト十字スプレッドです。このスプレッドのタロット使用枚数は10枚となります。

しかし、「アストルティアの母」の占いでは最大で4枚までの占いしか行いません。理由はいくつかありますが、まずは時間が足りないことがあげられます。カードの枚数が増えると、一つ一つの説明時間がその分長くなることになります。

タロット占いは、占いで出たカードの絵柄を相談者の相談内容と結びつけて占うという占いです。ですので、占い内容をよりよいものにするには、カードの枚数を増やすことよりも、相談者からの相談内容をよく聞く時間を増やすことが重要となります。少ないカードから深く読み解くことができるか、これが勝負の決め手です。

そして、相談者の方には1枚のカードを毎日眺めて日々過ごしてほしいと私は考えています。

つきましては、1回どの占いで使用するタロットの枚数は、私にお任せください。

正位置と逆位置について

タロット占いには、カードの上下によって違う意味でとらえる占い方法があります。上下が正しい位置を正位置と言い、上下が逆の場合を逆位置と言います。もし逆位置で出ると、意味が正位置の逆になるということです。

「アストルティアの母」の占いでは正位置、逆位置によって意味が異ならせる占い方法を採用しておりません。理由は、タロット自身が正位置であっても、正位置の意味の逆の意味の暗示、すなわち逆位置の意味も含んでおり、区別する必要性が感じられないからです。

また、逆位置という占い方法は日本で多く採用されていますが、海外ではあまり採用されておりません。私は、逆位置というのはタロット占いの結果を複雑にして、占い師に都合の良いリーディングをするための技術だと思っています。

使うカードの絵柄について

「アストルティアの母」では、タロット占いで最も一般的なウェイト版タロットのライダーデッキを使って占っております。カードの絵柄については、タロットカード一覧で見ることができます。

タロット占いは、カードの絵柄とあなたの相談内容を結びつけて占うので、カードの絵柄はとても重要になります。占い師はカードの絵柄に基づいて相談者に占い内容を伝えますので、相談者の方もタロットの絵柄を見ている状態が望ましいです。本来であれば、占い師は相談者の目の前で占うので相談者がカードの絵柄が見えます。ですから、お手数ですが、タロットカード一覧でカードの絵柄を見ながら占い結果を聞いていただけると、より占いを深く理解することができますのでおすすめです。

ありがとうございます!
このページを読んだら、感想をポチッとお願いします!押していただいても押した事実以外一切記録に残りません。
  • いいね! 
  • まあまあ 
  • イマイチ 
  • 誤字がある