12 吊された男

吊された男

Copyright 1971 by U.S.Games System, Inc., Stamford, Ct 06902

男は吊されているので上下逆転しています。人間逆に吊されると頭に血が上り非常に苦しい状態になります。しかし、このカードは苦しさだけを表現しているカードではありません。

吊された男の頭を見ると太陽のような光が出ています。この光は、男が吊されるという試練に耐えきったときに見える一筋の光です。つまり、逆さに吊される状態を耐えることで、光、良いことが起こることを示しています。

この男は、自らに苦難を与えるために自ら吊されました。なぜ苦難を与えることをしたか、それは、苦難に耐えることで、新しい道が開けると信じていたからです。

世界中に色々な宗教がありますが、修行すること、苦難を自らに与えることで、信仰心を試す教えが一般的です。それはなぜできるのか、それはそうすることで神から一歩先のステージに到達すると認められるからです。信仰心無くしてはやり遂げられません。

このカードが出た方には、二択を用意しています。苦難に耐えるか、諦めるかの二択です。もちろん苦難を回避するため始めから諦めるのも悪い手ではありませんが、もし苦難に耐え切れれば大きな成功が待っています。さあ、あなたはどちらを選びますか。

キーワード「修行」

次のカードに続く。

ありがとうございます!
このページを読んだら、感想をポチッとお願いします!押していただいても押した事実以外一切記録に残りません。
  • いいね! 
  • まあまあ 
  • イマイチ 
  • 誤字がある 

コメント