6 恋人たち

恋人

Copyright 1971 by U.S.Games System, Inc., Stamford, Ct 06902

絵柄から解釈が非常に難しいカードです。男性と女性の上に天使が描かれています。ウェイト版ではなく、その元となっているマルセイユ版のタロットでは、二人の女性に詰め寄られている一人の男性が描かれており、男性がいずれかの女性を選ぶという絵柄となっています。

つまり恋人たちというカードは、一人の男性がたくさんいる女性の中から一人の女性を選択することで、恋人となるという意味、つまり選択という意味があります。注意しなければならないのは、必ず選択しなければならないと言うことです。選ばないで逃げるという選択肢はありません。

一人の異性を恋人として人を選ぶと言うことは、その他の異性は恋人になれないと言うことです。選択すると言うことは、ハッピーになる人もいれば、絶望の淵に立たされる人もでてくるという二面性があります。

一方で、既に選択済みである場合、すなわちすでに恋人等しっかりとした関係があるのであれば、恋人たちという名のとおり甘い関係を示すカードになります。さらに、真に一つの異性を選択すること、つまりそれは結婚を示すカードにもなります。

ただし、二人にとって幸せであるその関係も、人知れず他の人の妬みを買いますので、きちんと公私をわきまえて楽しむべきです。また、欲望のおもむくままに甘いものに溺れる姿は、悪魔というカードの状態に近づくので注意が必要です。

キーワード「選択」

次のカードに続く。

ありがとうございます!
このページを読んだら、感想をポチッとお願いします!押していただいても押した事実以外一切記録に残りません。
  • いいね! 
  • まあまあ 
  • イマイチ 
  • 誤字がある 

コメント